コロナウイルス感染症

持続化給付金とは?

コロナウイルス感染症により、企業は事業を行うこともままならない状況にあります。中堅・中小企業においては、資金繰りに窮するケースも多くみられます。

そんな中で政府が打ち出した持続化給付金について、現時点で判明していることを記載します。

持続化給付金とは?

コロナウイルス感染症の拡大により、事業継続に大きな影響を受けた事業者に対して、再起の糧となるよう事業全般に広く使える給付金のことです。

給付額

・法人は200万円
・個人事業者は100万円
※ただし、前年1年間の売上からの減少分が上限

【売上減少分の計算方法】
 前年の総売上-前年同月比▲50%の売上×12ヶ月

支給対象

・新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が前年同月比で50%以上
 減少している事業者

・資本金10憶円以上の大企業を除く、中堅・中小企業、小規模事業者、
 フリーランスを含む個人事業者
 ※医療法人、農業法人、NPO法人、社会福祉法人も対象

相談窓口

中小企業 金融・給付金相談窓口
0570-783183(平日・休日9:00am~17:00pm)

-コロナウイルス感染症

© 2022 まるねこ社長の手招き Powered by AFFINGER5